アプローチ力診断



商談数が足りないときに、アプローチ力があるかないかで必要になる改善策は異なります。
こちらは、現状の体制でどれくらいアプローチする力があるのかを簡単に診断することができます。