国産マーケティングオートメーション(MA)ツールのBowNow(バウナウ)

HOME > マーケティングオートメーション活用例 > 用途から > BowNowを顧客情報管理データベースとして活用

BowNowを顧客情報管理データベースとして活用

顧客情報の管理・運用を、他の業務と兼任されている方も多いのではないでしょうか。
日々の業務で、顧客情報管理がなかなかできないという方にとって、BowNowは必須のサービスです。

メリット1

フォーム、メール配信との連動

BowNowの顧客情報管理データベースは、お問い合わせフォームやメール配信の各機能と連動しているため、貴社の見込顧客を適切に管理できます。
お問い合わせフォームとメール配信は、アクション履歴も顧客管理データベースに登録されるので、長期的なマーケティングを実現できるようになります。
行動履歴はリアルタイムに計測されるので、タイミングに合わせたアプローチが可能です。

連動の様子

メリット2

自動タグ付管理

お問い合わせをされる方の役職や職種は、多種多様です。顧客情報を別システムでも管理している場合、問い合わせ情報をいただくたびに作成・修正を行うのは、Web担当者にとって大きなタスクになります。
BowNowでは、フォームの内容によって自動で顧客情報を作成・修正します。また、イベント・キャンペーンなどで顧客情報の対応も変わることがありますが、自動タグ付機能で顧客対応のセグメンテーションも楽に運用ができます。

連動の様子

メリット3

担当者別ステータス管理

貴社サイトにアクセスする担当者には、得意先や既存顧客、新規顧客、競合、ステークホルダー、協業先などステータスも多種多様です。
メルマガ配信を行う場合、これらのステータスに合わせて精査をするのも大変な労力です。
BowNowでは、ステータス管理機能を持たせているので、メルマガ配信をする際はBowNowの顧客管理情報から配信が可能なため、工数の改善ができます。

連動の様子

関連する活用例

活用例

資料ダウンロードページで顧客情報を取得

活用例

展示会やセミナーの参加者をフォローアップしたい

活用例

休眠顧客の掘り起しをしたい

活用例

メルマガ配信から商談につなげたい