国産マーケティングオートメーション(MA)ツールのBowNow(バウナウ)

HOME > マーケティングオートメーション活用例 > 用途から > メルマガ配信から商談につなげたい

メルマガ配信から商談につなげたい

メルマガを配信しているけど効果があまり良くない…と、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

BowNowの「メルマガ配信機能」は、従来のメルマガ配信よりもパフォーマンスが上がるしくみがあります。具体的な活用例をご紹介しましょう。

メリット1

顧客との接点を保つ

メルマガには、大きく分けて2つの使い方があると考えられます。

(1)顧客サポート関連(共有事項、サポート情報など)

(2)リードナーチャリング、キャンペーン関連(ユーザーに役立つ情報、キャンペーン情報など)

この2つのメルマガを定期的におこなうことにより、顧客のマインドシェアを獲得することが可能になります。マインドシェアを獲得することで、テレマーケティングがスムーズに進みやすく、商談化へ一歩近づけるようになります。

顧客との接点を保つ

メリット2

十分な母数への発信と追客で商談に繋げる

セミナーや展示会などの集客が上手にいかない、と悩んでいる企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。

集客のためにメール告知という方法もありますが、メール文中の文言を見込度合によって変えることで、集客は大きく変わります。

例えば、「一度の配信でサイトへ来訪したユーザー」「メールは未開封だが関連製品やサービスページを閲覧しているユーザー」「問い合わせフォームページまで来ているユーザー」など、見込度合ごとに配信内容を分けることで集客アップが期待できます。

セミナーや、展示会の来訪者は商談化へ進みやすい場ですので、メルマガを効果的に活用することも重要です。

十分な母数への発信と追客で商談に繋げる

メリット3

中間CVを用意し、商談数を増やす

現在のデジタルマーケティングでは、お問い合わせよりハードルの低い”中間CV(コンバージョン)”を重視する傾向にあります。

中間CVで重要なことは、顧客情報を大量に獲得すること。メルマガでのリードナーチャリングです。少なからず自社に興味があるユーザーなので、そのユーザーに対してメルマガの読了率が高くなる傾向になります。

BowNowでは、顧客情報を獲得するためのフォーム作成が可能で、そのユーザーに対してのメルマガ配信も簡単にできます。

中間CVを用意し、商談数を増やす

関連する活用例

活用例

資料ダウンロードページで顧客情報を取得

活用例

展示会やセミナーの参加者をフォローアップしたい

活用例

休眠顧客の掘り起しをしたい

活用例

メルマガ配信から商談につなげたい