国産マーケティングオートメーション(MA)ツールのBowNow(バウナウ)

HOME > マーケティングオートメーション活用例 > 用途から > 展示会やセミナーの参加者をフォローアップしたい

展示会やセミナーの参加者をフォローアップしたい

セミナーや展示会出展は、企業にとって大事なリード獲得を担うツールです。

しかし、その後のフォローアップまで手が回らないという企業も多いのではないでしょうか。

BowNowを導入することで、有効的なフォローアップが可能です。具体的な活用方法について、ご紹介しましょう。

メリット1

顧客管理とWebサイトの顧客動向を分析

セミナーや展示会で名刺交換をすれば、顧客情報が得られます。アンケートを行えば、見込度合を計ることも可能です。ただし、見込度合はその後、変わることもあるため、マーケティングツールと連携しながらアプローチ方法やタイミングを変えていく必要があります。

BowNowでは顧客情報の登録後、見込度合を可視化することが可能です。Webサイト上の顧客動向を可視化分析し、見込度合にあわせて『メルマガ』『テレマーケ』『資料請求』などアプローチを変えることができます。

顧客管理とWebサイトの顧客動向を分析

メリット2

顧客行動分析で、アプローチ対する切り口を探る

展示会やセミナーの来訪者は、自社の”何か”に興味を持ってもらえています。その”何か”を把握するのはなかなか困難です。しかし、Webサイト回遊情報(滞在時間や読了率など)を閲覧することで、相手の興味を持っているものが容易に把握できます。

興味のある情報に効果的なアプローチをおこなうことで、フォローアップの質を大きく向上させられます。

顧客行動分析で、アプローチ対する切り口を探る

メリット3

業種、職種、役職に合わせたフォローアップ

顧客セグメントはさまざまですが、業種・職種・役職を分けるだけでもアプローチ手法や切り口が大きく変わります。これらの顧客が欲しい情報に合わせたアプローチをすることで、フォローアップも向上させられます。

フォローアップも、新規に対するマーケティングも、基本は”one to one”の概念がとても重要です。”one to one”を始めたい企業様にとって、BowNowは初心者でも活用できるシンプルなツールです。ぜひご利用くださいませ。

業種、職種、役職に合わせたフォローアップ

関連する活用例

活用例

資料ダウンロードページで顧客情報を取得

活用例

展示会やセミナーの参加者をフォローアップしたい

活用例

休眠顧客の掘り起しをしたい

活用例

メルマガ配信から商談につなげたい