国産マーケティングオートメーション(MA)ツールのBowNow(バウナウ)

HOME > マーケティングオートメーション活用例 > 用途から > 自社製品のニーズを把握したい

自社製品のニーズを把握したい

ユーザーがいま必要としている自社製品はどれか?それを把握するのは、なかなか難しいものです。

例えば紙媒体のカタログの場合、ユーザーがどのページをよく見ているのかを把握するのは困難でしょう。これがWebサイトだと、どのページが閲覧されているのか把握でき、マーケティングデータとして非常に重宝されます。

さらにBowNowを使えば、個人やセグメントごとのニーズを把握することも可能です。

メリット1

会員管理ダウンロード資料の簡単登録

BowNowではPDFやCADデータなどのファイルを、簡単に認証ファイル化できます。

会員登録しないとダウンロードできないコンテンツを載せることで、潜在層の情報を引き出せるようになります。

会員管理ダウンロード資料の簡単登録

メリット2

ダウンロード履歴の抽出分析が簡単にできる

BowNowでは、ユーザーがどのファイルをダウンロードしたかをウォッチすることが可能です。

グループや期間、回数を絞ってダウンロードしたユーザーの抽出もでき、さまざまな状況のニーズの把握ができます。

ダウンロード履歴の抽出分析が簡単にできる

メリット3

IP企業ログでの企業ごとのニーズ把握

BowNowの企業トレースでは、cookie情報が紐づいていないユーザーでも企業IPからの流入であれば企業の特定ができます。

どの企業がどの製品を見ているか把握できることで、企業または業界ごとにニーズを割り出すことも可能です。

IP企業ログでの企業ごとのニーズ把握

関連する活用例

活用例

資料ダウンロードページで顧客情報を取得

活用例

展示会やセミナーの参加者をフォローアップしたい

活用例

休眠顧客の掘り起しをしたい

活用例

メルマガ配信から商談につなげたい