1. TOP
  2. media
  3. 導入事例
  4. デジタルマーケティングを強化し、ベトナムに進出する企業のDXをサポートする|株式会社I-GLOCAL様

デジタルマーケティングを強化し、ベトナムに進出する企業のDXをサポートする|株式会社I-GLOCAL様

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社I-GLOCAL マネージャー/米国公認会計士 實原 和希様

ベトナムで活躍する日系会計事務所のDXの取り組みに注目です!

株式会社I-GLOCAL

所在地 東京都中央区銀座1丁目18番2号 辰ビル7F(東京オフィス)
事業内容 ベトナム進出企業に対する会計・税務、人事労務、監査、M&A支援
URL https://www.i-glocal.com/

ベトナムで活躍する日系会計事務所のDXの取り組みに注目です!

貴社の紹介をお願いします。

實原様:I-GLOCALグループは2003年にベトナム初の日系会計事務所として創業しました。現在ベトナムに3拠点、カンボジア、東京に1拠点ずつの計5拠点を構えています。
従業員は約300名、年間顧客数も1,000社(うち9割は継続顧問先)を超える規模となり、ベトナム最大級の会計事務所となっています。
日系企業のベトナム進出支援をメインに行っており、現地拠点の設立手続、M&A支援、会計・税務、人事労務、監査までワンストップで対応しています。2020年12月にはVPO(Vina Payroll Outsourcing CO.,LTD.)という専門子会社を設立し、人事労務系SaaS型サービスをローンチ。ベトナム進出企業のDX支援を本格的にスタートしました。

【導入前の課題】顧客の課題やニーズの深堀りを行いたい

MAを導入する以前にどんな課題を感じていましたか?

實原様:現在、ベトナムにはおよそ3,000から3,500社の日系企業が進出していると言われておりますが、そのうち1,000社強の企業に当社をご愛顧いただいています。ベトナムの日系会計事務所のパイオニアとして、多くの方に認知はしていただいているのですが、Web上で関連性の高いワードで検索してみても上位に表示されない、最適なページが表示されない等、WEB上の検索エンジンの評価には、実態と乖離があるのではないかと課題を感じていました。
また、当社はベトナム現地の最新法令や実務についての情報提供をメールやレポート、セミナー等を通じて行っており、顧客からもご好評いただいています。しかし、急成長を続けるベトナムではビジネス環境の変化も激しいので、常にトレンドを見極めていくことは容易ではありませんでした。そのなかで、MAツールなどを活用することによって、顧客が今抱えている課題や、関心をもっている情報についてより深くニーズ把握ができるのではないかと考えました。

【選定のポイント】導入時の丁寧なサポートが採用の決め手に

MAツールを導入しようと思ったきっかけや、なかでもBowNowを選んでいただいた決め手はどんなところにあったのでしょうか?

實原様:もともとは、当社と同じようにアジアで事業を展開するパートナー企業から紹介いただいたのがBowNowを知るきっかけでしたが、最終的にはサポートが充実していること、当社自身のサービス向上につながると感じたことが決め手となりました。
マーケティング初心者の私でもBowNowは扱いやすく、担当コンサルタントの方に初歩的なところから丁寧に教えていただけたので、導入もスムーズに行うことができました。BowNowを活用してニーズを深堀りし、さらに一歩踏み込んだサービスを提供していくことで、顧客に喜んでいただき、当社も顧客と共に成長していけるのではないかと感じました。

【施策と効果】メール施策から5件もの問い合わせが生まれた

現在は、BowNowを使ってどのような施策を行っていますか?

實原様:BowNowでの施策はメール配信がメインです。以前から使っていたメールシステムと並行してBowNowでの配信を開始しました。導入前はテキストメールのみで配信を行っていましたが、BowNow上でhtmlでのメール配信を開始し、メール自体の見栄えや読みやすさも大幅に改善できました。
自社サービスの紹介メールを配信したところ、すぐに5件も反応があり、受注に繋がったものもありました。今までは顧客が私たちのサービス内容について詳細を知らないことも多かったのですが、メールを活用し定期的な情報発信をすることで、顧客ニーズに常に寄り添える仕組みを少しずつ作れていると思います。

また、Webサイトのメール会員登録フォームやお問い合わせフォームもBowNowに変えることで、リードや問合せ内容が自動的に蓄積できる仕組みも構築しました。

【今後の展望】Webサイトから得られるデータを経営戦略の資産に

今後、BowNowやマーケティング施策で挑戦したいのはどんなことですか?

實原様:Webサイトのデータ分析をさらに深め、コンテンツの改善に活かすほか、リード情報をステータスごとにグループ分けしたうえで、個々の顧客に合った最適な情報をお届けする施策にも取り組んでいきたいと思います。
現在、当社では顧問契約を結んでいる顧客向けに、ベトナムの法令情報をまとめた会員サイトを運営しています。これは、当社のDX施策のひとつであり、当社の豊富なノウハウを活かし、顧客の疑問に対して瞬時に正確な情報をお届けする狙いがあります。将来的にはこのサイトのログ情報も、顧客ニーズや課題の抽出に活かして行きたいと思います。
また、BowNowはベトナムでも現地のコンサルタントの方からサポートを受けられるので、ベトナムでも大いに活用していきたいと思います。当社もベトナムで人事労務のSaaS型サービスを開始したところですので、セミナーなどでうまくコラボレーションしながら、ベトナムに進出する企業のDXを一緒に支援していければと考えています。

【お客様の声】導入後のサポートが充実、初心者も安心して始められると思います

BowNowに今後、期待することやクラウドサーカスのご提案への感想を教えてください。

實原様:私自身、Webマーケティングに関しては知識の乏しい状態からスタートでしたが、導入時からコンサルタントの方にしっかりとサポートしていただき、スムーズな体制構築ができました。とても感謝しています。ベトナムの地で、BowNowとともに我々も成長していきたいです。

ありがとうございました!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webマーケティング情報

デジタルマーケティングについての
最新情報やお役立ち資料を自動受信

登録する(無料)

Follow us!

twitter hatena google Eight rss follow us in feedly
アカウント発行